So-net無料ブログ作成
検索選択

井上ひさしさん死去 父の芝居、継続して上演…三女が会見(毎日新聞)

 井上ひさしさんの三女で劇団「こまつ座」社長の井上麻矢さん(42)が11日、劇団事務所(東京都台東区)で会見し、父の“最後の言葉”を明らかにした。「『作品を読んでもらうこと、劇場に足を運んでもらうことが僕の幸せ』と言って旅立ちました」

【写真で見る】追悼 井上ひさしさん

 麻矢さんによると、井上ひさしさんは、肺がんと診断された直後の昨年11月から、抗がん剤治療を受けた。その治療は終わったものの、体力の消耗が激しくなった今年3月半ば、神奈川県内の病院に再入院。4月9日朝に帰宅したが、夕方に容体が急変した。妻のユリさん(57)、麻矢さん、大学1年生の長男佐介さん(18)の3人に見守られながら、眠るように息を引き取ったという。

 麻矢さんは「親子というのを越えて尊敬できる父でした。井上芝居を継続して上演するよう言いつかっています。こまつ座はその遺志を受け継ぎ、活動を続けていきますので、その姿をみなさまに見守っていただき、一緒に歩いてくださったら」と語った。

 出身地の山形県川西町にある遅筆堂文庫、山形市の劇場シベールアリーナ、中学・高校時代を過ごした仙台市にある仙台文学館、かつて住んでいた千葉県市川市の同市文化会館には11日、記帳台が設けられた。井上さん作「夢の裂け目」を上演中の新国立劇場(東京都渋谷区)も今後、記帳台を置く予定。

【関連ニュース
【死去の一報】井上ひさしさん:9日に死去、75歳…小説家・劇作家
特集ワイド:昭和の主人公たち ドン・ガバチョ(2007年8月13日夕刊)
帰りたい:私だけのふるさと 井上ひさしさん(2008年5月8日夕刊)
今、平和を語る:小説家、劇作家 井上ひさしさん(2008年2月4日夕刊)
ひと:井上ひさしさん=文化功労者に決まった作家・劇作家(2004年10月31日朝刊)

山崎直子宇宙飛行士 物資搬入を再開 野口飛行士と作業(毎日新聞)
羽生が先勝=将棋名人戦(時事通信)
行方不明だった宝塚の小6、小5の兄弟、無事発見(産経新聞)
<仮処分申し立て>「雇い止めは無効」元スケート五輪コーチ(毎日新聞)
有事の核持ち込みで質問状=佐世保市長(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。