So-net無料ブログ作成

18歳少年を発見、逮捕=連れ去られた少女保護−監禁などの容疑、石巻3人殺傷(時事通信)

 宮城県石巻市清水町の南部かつみさん(46)方で10日朝、長女美沙さん(20)と知人の高校3年大森実加子さん(18)が刺殺され、次女沙耶さん(18)が交際していた同県東松島市の職業不詳の少年(18)に連れ去られた事件で、県警は同日午後、同市内で少年を発見、一緒にいた男とともに未成年者略取と監禁の容疑で現行犯逮捕した。
 県警によると、沙耶さんは保護され、足に擦り傷を負っていたため病院に運ばれた。 

【関連ニュース】
2人刺殺、少女連れ逃走=18歳少年ら2人、監禁などで逮捕
介護疲れ夫刺殺、妻に実刑=裁判員「もっと国支援を」
被告側、責任能力争う姿勢=耳かき店女性ら殺害
卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件
無期求刑の男に懲役20年=裁判員、結審日判決「もう少し時間を」

「子ども手当で借金残したくない」=予算の無駄削減で財源捻出−鳩山首相(時事通信)
上島珈琲キャンペーン中止 ツイッターで「炎上」相次ぐ(J-CASTニュース)
社民に配慮しすぎて…選択肢「国外」残す(産経新聞)
鳩山首相、小沢氏続投を確認(時事通信)
石川議員、辞職しない意向「頑張り続ける」(読売新聞)

「作り話。弟信用できない」=政治資金無心の指摘に激高−鳩山首相(時事通信)

 「全くの作り話だ」。12日の衆院予算委員会で、自民党の与謝野馨元財務相が、鳩山由紀夫首相の偽装献金事件に関し、母親からの資金提供を「政治資金として認識していたのではないか」と追及したのに対し、首相が色をなして反論する場面があった。
 与謝野氏は、首相の弟の鳩山邦夫元総務相の話に触れ、「邦夫さんがぼやいていた。『うちの兄貴はしょっちゅう、お母さんのところに行って、子分に配る金が必要だとお金をもらっていた』と。実際はお母さまと政治資金の話はしているのではないか」と詰問。これに首相は激高。「兄弟といっても信じられない話だ。金を無心し『子分に配るお金をくれ』なんて言うわけない」と全否定した。
 さらに与謝野氏は「平成(時代)にこんなに多額の税金を脱税した人はない。『平成の脱税王』だ」と批判したが、首相は「資金提供は検察によって事実が判明するまで全く知らなかった。贈与と理解して納税した」と従来の答弁を繰り返すにとどめた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏「これ以上の説明はない」〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜

<姫路独協大>法科大学院の合格者ゼロ…来年度入試(毎日新聞)
酒臭い男、警察に乗り付け「飲酒運転ダメだよね」(読売新聞)
龍谷大で入試ミス 受験者全員正解に(産経新聞)
反捕鯨団体、2隻で妨害=日本船団を南極海で(時事通信)
入院・休校とも減少続く―インフルエンザ(医療介護CBニュース)

【剛腕の実像 小沢氏不起訴】(下)「疑惑に…」政治倫理綱領の実践を(産経新聞)

 「疑惑に対して自ら解明し、責任を明らかにするよう努める…」

 昭和60年6月25日、衆院議院運営委員会。委員長席で小沢一郎(現民主党幹事長)は、兼任の衆院政治倫理協議会座長として、自らまとめた「政治倫理綱領」案の概要をかみしめるように読み上げた。

 制定のきっかけはこの2年前、ロッキード事件で、小沢が「オヤジ」と慕っていた元首相、田中角栄(故人)が受けた有罪判決。「キングメーカー」の“黒いカネ”に対する政治責任に、国会としてけじめをつけるためだった。

 小沢は、政治家の道義的責任について審議するため新設される政治倫理審査会(政倫審)の権限拡大を求める野党と、それを抑えたい与党との板ばさみに加え、いまだ自民党最大派閥のボスである「オヤジ」の影響力にも苦労しつつ、綱領案や政倫審の運営方法などを約1年半にわたって検討。座長案を提示するなどして汗をかき、与野党妥協にこぎつけた。

 しかし、議運終了直後に開かれた衆院本会議の議事録を見ると、成立に先立って議長から委員長報告を促されたのは自民党の筆頭理事。「オヤジ」を気遣ってか、委員長の小沢の姿はそこにはなかった。

 ■「形式ミス」

 その25年後。「私の主張はあくまでも明朗、公開、オープン。それが妥当かどうかは国民、主権者が審判を下すのが民主主義のあり方だ」(昨年3月4日の記者会見)と声を張り上げた小沢は、「オヤジ」と同じように、東京地検特捜部の捜査対象になった。

 小沢が共犯として告発された衆院議員、石川知裕(ともひろ)(36)ら現・元秘書3人の起訴内容をみると、小沢の資金管理団体「陸山会」が行った土地購入に伴うつじつま合わせや、複数の架空寄付など複雑な資金操作が随所にあった。その中には、小沢本人が関係する場面が2カ所出てくる。「平成16年分の政治資金収支報告書に記載しなかった小沢からの借入金4億円」「19年分の収支報告書に記載しなかった小沢への返済金4億円」。虚偽記載の総額は過去最大の約20億2900万円にも上った。

 「政治団体および公職の候補者により行われる政治活動が、国民の不断の監視と批判の下に行われるようにするため…」。自らも改正に携わった政治資金規正法第1条の趣旨を無視するかのような金額だ。

 「規正法のプロ」とも言われる小沢は、故意の虚偽記載を認めている石川が起訴された今月4日も「形式的なミス」と言い張った。

 ■自ら解明?

 昨年3月から特捜部と攻防を繰り広げてきた小沢。直接対決となった1月23日の初聴取直後に開いた会見で、「秘書が…」という言葉を繰り返した。

 「すべて担当秘書が行っており、私はまったく関与していない」

 あれから12日がたった今月4日夜の民主党本部。石川らの起訴と自らの不起訴処分(嫌疑不十分)を受けた直後、小沢は報道陣に、3週間前の発言など忘れたかのように「担当秘書」だった石川を擁護した。

 「国会議員の職責に関連して責任を問われているわけではない」

 「疑惑に対して自ら解明し…」

 「剛腕」幹事長は自らの責任で政治倫理綱領を作成しただけに、報道陣を通じて国民に発した言葉が二転三転しようが、自ら疑惑を解明するだろう。

 それができなければ、11カ月前の昨年3月に自ら言及した「国民の審判」に従うしかない。(敬称略)

                   ◇

 連載は酒井潤、大泉晋之助、今村義丈、福田涼太郎が担当しました。

<雑記帳>ホッキョクグマお別れ会 札幌(毎日新聞)
<国歌斉唱・不起立>教職員の氏名収集を継続…神奈川県教委(毎日新聞)
呼吸器チューブ外れ、入院の70代女性死亡(読売新聞)
鳩山首相にリーダーシップ賞 インド(産経新聞)
iPodで盗撮、堺市職員を現行犯逮捕(産経新聞)

「見えてはいけない映像」傍聴席に丸見え? 急にモニターずらす弁護人(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第3回公判】(1)9:59〜10:15

 《東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた加藤智大(ともひろ)被告(27)の第3回公判が5日午前9時59分、東京地裁で始まった》

  [図解]秋葉原駅前 事件現場の見取り図

 《前回公判では、事件の目撃者が証人尋問に立ち、当時の様子を「真っ赤な血の海が…」「戦場そのものだった」などと生々しく語った。今回も、検察側の証拠調べ後、平成20年6月8日の事件当日に秋葉原にいて事件を目撃した男性に対する証人尋問が行われる予定だ。証人の希望で、加藤被告と顔を合わせることがないよう、遮蔽(しゃへい)措置が取られることになっている。証人は、事件について何を語るのか》

 《午前9時58分、東京地裁104号法廷。職員が「傍聴人はすべて入廷しました」と告げた》

 《ほどなくして、向かって左側の扉が開き、加藤被告が入廷してくる。これまでの公判同様、黒いスーツに白いシャツ姿。いつものように傍聴席近くで被害者や遺族らが座っている方向に向け一礼し、被告席に着くと村山浩昭裁判長の方にも軽く一礼した》

 《加藤被告が座った長いすの前には、テーブルがあり、紙とボールペンが置かれている。加藤被告がメモを取るために用意されたようだ》

 《村山裁判長が、自分の腕時計を見た。時刻は午前9時59分だ》

 裁判長「若干早いですが、開始しましょう」

 《こう告げた村山裁判長は、まず、公判進行上の手続きについて、いくつかの説明を始めた。どうやら、検察側の証拠に誤記があったため、改めて証拠を提出し直すようだ》

 《通常、公判前整理手続き終了後に、新しい証拠が出されることは少ないが、検察官によると、誤記によって、ほかの証拠類と矛盾が生じてしまうという。村山裁判長は、弁護側に証拠採用に異議があるか尋ねた後、「では採用します」と告げた》

 《ここから、予定されていた証拠調べに入った。村山裁判長らのやりとりを、加藤被告は軽く背中を丸めながら聞いている》

 検察官「では、甲号証の取り調べに入ります。本日は、被告に襲われてお亡くなりになった方々、けがをされた方々の被害の状況について説明します」

 「ご遺体の写真や、けがをされた方の写真がありますので、大型モニターの電源を落とさせていただきます」

 《検察官はこう告げると、手元の書類に視線を落とした》

 検察官「まず、中村勝彦さんの司法解剖の経過からです」

 《最初に説明するのは、加藤被告が運転するレンタカーのトラックにはねられて殺害された中村勝彦さん=当時(74)=の被害の状況だ》

 検察官「死因は右肺臓挫傷、胸部大動脈破裂および肝破裂でした」

 《その後、細かく被害の状況を説明する検察官》

 検察官「では、ご遺体の写真を示します」

 《法廷内の大型モニターは真っ暗なままだが、裁判官や検察官、弁護人、加藤被告の前にあるモニターには遺体の写真が映っているようだ。加藤被告は、表情こそ変えないものの、瞬きが早くなった》

 検察官「次に被害者Aさんの証拠について…」

 《続いて、中村さんと同様、加藤被告の運転するトラックにはねられ殺害されたAさん、川口隆裕さん=当時(19)=の傷の状況について説明していく》

 検察官「次は被害者Dさん…」

 《検察官がトラックから降りた加藤被告に、ダガーナイフで背中を刺されたDさんのけがの説明をしている最中、別の男性検察官が、なにやら体を動かし始めた。その体の動きはどんどん大きくなり、ついには、軽く立ち上がりかけるまでに。どうも、向かい合っている弁護人の方に合図を送っているようだ》

 《検察官の動きに気付いた弁護人が、急に手元のモニターの角度を変えた。モニターは、傍聴席に見えないよう、角度をつけておかれているが、どうやらその角度が甘く、傍聴席からモニターが見えるのを懸念した検察官が、見えないように措置するよう、合図を送っていたようだ》

 《加藤被告はそんな出来事を特に気にする様子もなく、モニターをじっと見つめている》

 =(2)に続く

【関連記事】
証人を遮蔽、けがの状況生々しく 秋葉原殺傷第3回公判
(12)あれは「戦場」そのものだった 秋葉原殺傷第2回ライブ
(11)「真っ赤な血の海があって…」声を震わせる証人  秋葉原殺傷第2回ライブ
秋葉原殺傷事件 引きずる影、薄れる記憶
■特集:法廷ライブ「秋葉原17人殺傷 第3回公判」

衆院予算委、19日に地方公聴会=政府、個所付け資料を提出(時事通信)
「ここでは申し上げない」鳩山−小沢会談について首相(産経新聞)
施設運営理事長らを逮捕=老人ホーム10人死亡火災−業務上過失致死容疑・群馬県警(時事通信)
男性殺害容疑で暴力団組員逮捕=金銭トラブルか−福島県警(時事通信)
<マンション火災>1人暮らしの50歳女性死亡 名古屋(毎日新聞)

<交通事故>原付きバイクと乗用車衝突 中学生3人重傷(毎日新聞)

 10日午前4時ごろ、名古屋市港区十一屋1の市道交差点で、同区に住む13〜15歳の男子中学生3人が乗った原付きバイクと同区神宮寺の無職、花井美緒さん(27)の乗用車が衝突した。

 運転していたとみられる男子生徒(15)が脳挫傷や骨盤骨折などの重傷。他の2人も打撲や骨折などの重傷を負った。花井さんにけがはなかった。愛知県警港署は、原付きバイクが赤信号を無視したとみて調べている。【稲垣衆史】

【関連ニュース】
衝突:婚約の2人死亡1人重体1人軽傷 秋田の実家帰省中
クレーン車:バスに追突、アームが窓ガラス破り7人軽傷
名古屋ひき逃げ:4人目の男逮捕 危険運転致死容疑
交通事故:集団登校中の列に突っ込み、児童5人けが 茨城
名古屋ひき逃げ:運転の男を送検 危険運転致死容疑

公約通りの実現に努力=子ども手当満額支給で−鳩山首相(時事通信)
中国に「儲けの方程式」、出資話で2億集金か(読売新聞)
医療工学のレベル向上を目指し、28日にシンポ(医療介護CBニュース)
<漁船銃撃>衛星位置情報が途絶 2隻、故意に切断の疑い(毎日新聞)
雑記帳 ホッキョクグマお別れ会 札幌(毎日新聞)

社民、小沢氏に政倫審出席促す方針(読売新聞)

 社民党は9日午前、党国会対策委員会で小沢民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件への対応を協議し、小沢氏が国会の政治倫理審査会に出席することを促していく方針を確認した。

小学校教師「理科嫌い」 文系出身で抵抗感(産経新聞)
棋聖戦、張3連勝(産経新聞)
<内閣府世論調査>死刑容認が85.6%で過去最高に(毎日新聞)
<インド洋海自給油>「ましゅう」「いかづち」が帰港 東京(毎日新聞)
小沢幹事長「辞任を」74%、内閣不支持47%(読売新聞)

【風】写真入り警告表示、どう思う?(産経新聞)

 「喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなります」

 こんな注意書きが、厚生労働省のホームページのアドレスとともに、たばこのパッケージの表面下部に目立つ形で記されるようになったのは、平成16年11月から。ほかに「心筋梗塞(こうそく)の危険性を高めます」など、全部で4種類の文面がある。

 裏面下部や側面にも、副流煙の問題やニコチン依存、「マイルド」などの表記が健康への悪影響の小ささを示すものではないことなどが書かれている。かつて、側面に「健康のため吸い過ぎに注意しましょう」とあっさり書かれていたのに比べて、大きく変化した。

 日本など世界の多くの国々が批准している「たばこの規制に関する世界保健機関(WHO)枠組み条約」(2005年2月発効)には、たばこの包装やラベルに関する条文もある。たばこのパッケージに「有害な影響を記述する、健康に関する警告を付する」ことを求めており、警告文は「主たる表示面の50%以上を占めるべきであり、30%を下回るものであってはならない」「写真もしくは絵を含めることができる」などと細かく規定されている。

 条約発効に先立つ2000年6月、世界で初めて写真入りの警告文に関する法律を制定したカナダでは、「紙巻きたばこは脳卒中の原因になる」という文とともに、罹患(りかん)した脳の写真を掲載。ブラジルでは、一部が壊死(えし)した足の写真とともに「この壊死は、たばこ消費によってもたらされた」と記している。

 米国対がん協会の「タバコアトラス2009」によると、男性喫煙率はカナダで19・0%、ブラジルは20・3%。日本(日本たばこ産業調査)の38・9%に比べて低く、喫煙率の引き下げに一定の効果をもたらしているのかもしれない。

 「枠組み条約にも書かれているのだから、日本も写真や絵入りの警告表示にすべきだ」と話すのは、産業医科大学産業生態科学研究所の大和浩教授。「各国はCO2を減らすのと同じような意識で取り組んでいるのに、日本では進んでいない」と指摘する。

 いささかショッキングな写真入り警告。みなさんは受け入れますか?(U)

「1Q84」 「3」を4月16日発売 初版50万部(毎日新聞)
<火災>木造住宅全焼、男女2人が死亡 東京・練馬(毎日新聞)
<沖縄連絡室>内閣官房の職員らが兼任(毎日新聞)
<教員採用>秋田で落ちても東京で合格 都県が連携(毎日新聞)
<小沢一郎氏>「公正な捜査の結果」(毎日新聞)

東京・台東区保健所係長、電車内置き引き容疑(読売新聞)

 埼玉県警浦和署は6日、さいたま市岩槻区美幸町、東京都台東区保健所庶務係長、吉岡雅之容疑者(58)を窃盗容疑で逮捕した。

 発表によると、吉岡容疑者は5日午後9時20〜30分頃、JR宇都宮線の下り電車内で、さいたま市緑区の会社役員男性(62)が棚に置いたLED電球など商品3点(計5980円相当)入りの紙袋を置き引きした疑い。

 当時は酒に酔っており、「よく覚えていない」と供述しているという。

<置き去り>生後間もない女児が玄関先に 東京・大田(毎日新聞)
「日本語大賞」に小学生ら4作品=言葉の力再発見、第1回表彰式(時事通信)
小沢氏不起訴で首相「責めは感じるべき」(読売新聞)
「らしさ」大切にしたい 波多野院長に聞く皇族の“学習院離れ”(産経新聞)
覚せい剤摘発、過去最多=5割増の164件−昨年の密輸取り締まり(時事通信)

国内売り上げが海外減収分を補い増収増益―エーザイ(医療介護CBニュース)

 エーザイは2月2日、昨年4-12月期決算を発表した。国内の医療用医薬品の売上高は前年同期比11.7%増の2279億円だった。主力のアルツハイマー型認知症治療剤アリセプトが726億円(19.0%増)、抗潰瘍剤パリエットが430億円(22.9%増)と好調だったほか、2008年6月に発売した関節リウマチ治療剤ヒュミラが48億円(310.9%増)と大幅に売り上げを拡大した。

 全体の売上高は6045億円(1.0%増)と微増。米国のプロトンポンプ阻害剤市場での後発品の普及により、パリエット(米国名=アシフェックス)の売り上げが減少したことなどが響いた。利益面では、販売管理の効率化を進め、営業利益が851億円(15.9%増)、経常利益が801億円(20.6%増)、純利益が539億円(37.7%増)と、全利益で2ケタ台の成長となった。

 また、通期業績予想については、売上高を前回12月公表時から170億円減の8030億円に下方修正。アリセプトは3210億円、パリエット/アシフェックスは1480億円で、いずれも90億円減額した。一方、営業利益は12億円増の815億円、経常利益は2億円増の745億円に上方修正した。

 2日に行われた決算発表会で内藤晴夫社長は、今年11月の米国でのアリセプトの特許切れに言及し、「当面の間、日本と中国が米国での売り上げ減少を補い、エーザイの成長をリードしていく」と強調した。
 中国での売り上げについては、金額は少ないが成長軌道にあり、直近の1年累計では日系企業で1位だったと指摘。また、「近く1000億円程度のビジネスを実現したい」と意気込みを語った。


【関連記事】
米バイオベンチャーを227億円で買収へ―エーザイ
認知症治療剤アリセプトの内服ゼリー剤を発売―エーザイ
アリセプトの米特許切れ克服に自信―内藤エーザイ社長
パリエットの効能・効果の追加を申請―エーザイ
エーザイ、アリセプトの共同販促などでファイザーと合意

被害者は市内の男性=別の場所で刺されたか−福島(時事通信)
「引退と捜査は別の話」=朝青龍問題で警視庁(時事通信)
<住民投票法案>策定へ 条例を自治体に義務付け(毎日新聞)
南硫黄島北海域で白煙=海底火山活動か−3管(時事通信)
<強盗強姦>女性6人暴行の被告に懲役18年 地裁小倉支部(毎日新聞)

<さっぽろ雪まつり>3会場で5日開幕(毎日新聞)

 第61回さっぽろ雪まつりが5日開幕する。テーマは「純白の夢よぶ世界のひろば」。11日までの7日間、▽大通公園(札幌市中央区)▽つどーむ(東区)▽ススキノ(中央区)の3会場で多彩なイベントが催される。

 毎日新聞北海道支社は、大通会場「毎日新聞氷の広場」にライブカメラを設置し、インターネットで公開する。大氷像「イオラニ宮殿」とステージ上の様子が見られ、映像は5分ごとに自動的に更新される。支社のホームページ「大盛り北海道」(http://mainichi.jp/hokkaido/)から接続できる。

【関連ニュース】
「毎日新聞氷の広場」ライブカメラ中継中!
さっぽろ雪まつり:大氷像「イオラニ宮殿」が完成
ミスさっぽろ:女子大生と会社員、2人に決まる
さっぽろ雪まつり:大通会場にスケートリンクがオープン /北海道
【写真特集】さっぽろ雪まつり2009

冬のボーナス、12%減=減少率最大−厚労省調査(時事通信)
橋下知事、私立高の実質無料化制度拡大の意向(読売新聞)
「息子の人生返せ」=遺族、被告に変わらぬ怒り−対話求める被害者も・秋葉原事件(時事通信)
小中学生の患者比率が3割超に―新型インフル(医療介護CBニュース)
路上で下半身露出 東京消防庁消防学校生を逮捕 栃木県警(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。